2019映画ベストメモ

【ベスト10】

1.僕はイエス様が嫌い(自主制作) D:奥田大史 [95点]

2.ウーマンウーマンウーマン(自主制作)D:近藤啓介 [95点]

3.ライズ ダルサイザー(福島県白河市) D:佐藤克則 [90点]

 

4.見えない目撃者(東映) D:森淳一 [89点] 

5.眠る村 (名古屋テレビ) D:齊藤潤一+鎌田麗香 [75点]

6.あいが、それで、こい (ENBU) D:柴田啓佑[75点]

7.高崎物語-夏-(高崎市) D:片元亮 [70点]

8.ザ・ファブル (松竹) D:江口カン [65点] 

9.新聞記者 (スターサンズ) D: 藤井道人 [65点]

10.劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん (ギャガ) D:野口照夫+山本清史 [60点]

 

【圏外新作】

惡の華(角川大映) D:井口昇[30点]

ハローワールド(東宝) D:伊藤智彦[0点]

シオリノインム(シャイカー) D:佐藤周 [10点]

凪待ち(東映) D:白石一彌 [50点]

月夜釜合戦 (自主製作) D:佐藤零郎 [30点]

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 (東宝) D:岩下力 [0点]

ホットギミック ガールミーツボーイ (東映) D:山戸結希[0点]

ココロ、オドル (Fanfare pictures) D:岸本司 [30点]

主戦場 (アメリカ) D:ミオデザキ [60点]

岬の兄弟(プレシディオ) D:片山慎三 [50点]

黒の乙女Q (AMG) D:佐藤佐吉 [0点]

エリカ38 (KATSU-do) D:日比遊一 [30点]

さよならくちびる (マッチポイント/ギャガ) D:塩田明彦 [0点]

書くが、まま (SPOTTED PRODUCTIONS) D:上村奈帆 [0点]

ピンクゾーン2 淫乱と円盤 (OP映画) D:国沢実 [10点]

カンパイ!日本酒に恋した女たち (シンカ) D小西未来 [30点]

浜辺のゲーム (和エンタテインメント) D:夏都愛未 [30点]

居眠り磐音 (松竹) D:本木克英 [50点]

殺人鬼を飼う女 (角川大映) D:中田秀夫 [59点]

麻雀放浪記2020 (東映) D:白石和彌 [10点]

DAY AND NIGHT (日活) D:藤井道人 [20点]

枝葉のこと (九輪家) D:二ノ宮隆太郎 [10点]

 

【圏外旧作】

食べられる男 (2016) D:近藤啓介 [30点]

風たちの午後 (自主制作) D:矢崎仁司 [0点]

人妻拷問 (1980/新東宝) D:高橋伴明 [50点]

ソナチネ (1993/松竹) D:北野武 [40点]

トイレの花子さん(1995/松竹) D:松岡錠司 [20点]

 

【舞台】

もえり

avecoo定期公演

ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー!旧校舎の77不思議」

楽曲大賞2019 メモ

【メジャー】

・NGT48「世界の人へ (happy machine Remix)」

欅坂46「ごめんね クリスマス」

欅坂46(長濱ねる)「否定した未来」

STU48 瀬戸7「一杯の水」

ラストライドル「大人サバイバー」

煌めき☆アンフォレント「奇跡≒スターチューン」

 ・SKE48「Stand by you」

・イコラブ「探せダイヤモンドリリー」

・カレッジ・コスモス「言葉の水を濾過したい」

 

 

【インディーズ/地方】

・ほくりくアイドル部「ときめきRainy」

 ・MERUCHU「世界中みんな恋をする日」

・ファーム女子「恋のファーム♡Chiku-Go!」

・ぁぃぁぃ「好きに生きたらいいとおもうよ」

・にゅ〜わ「天使のわがまま」

・IDOLATER「Swipin' Flickin'」

・MIYA RII「Fu Fu Fu」

・MashMelody!「ラーニャの夜」

・scribble scritch「JET COASTER IS LOVE LIFE」

・川上きらら「ずっきんドッキン!!Sympathy」

・EMOE「To Be Free

・Reverse Tokyo「アンバランス」

・IQプロジェクト研究生「I'm OK」

 

 

 

【アルバム】

50天(GOMATEN)「ひらけごま」

 

楽曲大賞2018 応募内容メモ

【メジャー部門】

1.暗闇 [3pt]

---1億点でもよい。

2.produce48「NEKKOYA(korean version)」3pt

久々に登場したハウスのキラーチューン。食傷気味のダブステップ要素をなくし、メロに拘ったシンプルな音作りにも好感。

3.AKB48「サンダルじゃできない恋」2pt

---Atelier LadyBird(吉村彰一+川崎泰弘) 作編曲によるアダルトボサ歌謡。モダンなミュージカル的映像がチラつく。

 

4.AKB48「センチメンタルトレイン」1pt

---同時期発売の乃木坂「ジコチュー」と音楽性をスワッピング、すなわち乃木坂的トラックを48にやらせてみたら?と云うテストケースを勘ぐらせる音楽性。本体のAKBがやると野暮ったくなるのだが、これを(もとより坂的フレーバーを持つ)STUがカバーすると俄然光り出す。今ピンと来ない御仁にも少し遅れてこの曲の魅力に気づいて頂けると信じる。

 

5.STU48「ペダル〜」1pt

---48がよく作りがちな古臭い青春ロック。その中ではよく出来ている方だが強力に推挙するほどでも....と認識しつつ、個人的世間的なメジャーの弾切れが苦しくて.....。

 

【インディーズ/地方部門】

1.IMZIP ism2018 3pt

---以前「IM Zip ism」としてリリースされた音源のボーカル新録盤。前作は県内1度のイベで売り切ったため、存在も知らないと云う人が多かったようだが、ようやく県外民も入手できるように。射水の青春がいっぱい詰まったローティーンポップはこれぞロコドル感。

 

2.Laugh ALot「水のふるさと」2pt

---高知のロコドル。当時のプロデューサーであるb4k自ら身銭を切って全国無料配布した音源。ピアノと合唱のみの校歌アレンジと、ノンビブラートリヴァーヴレスなユニゾンで心の洗濯。

 

3.Yes Happy!「ダンスリメンバ」1,5pt

---出す曲全て良質と云って差し支えないYes Happy!から、またも自身を更新する良曲が到着。ディスコ的要素を織り交ぜたハッピーなようで切なげなロック。初見開始1秒で良曲判断が可能な、問答無用のソングライティング。作詞/作曲/編曲:寺井孝太(from Love Love Love)

 

4.リリリップス 1.5pt

---USAGI DISCOプロデュースシリーズの1つ。メンバー脱退的事情などから「ようこす」「\C.C.F/」と変遷し現在はリリリップス。艶のあるシンセとコーラスワークが眩しいロッキンディスコティックで、時折見せるチャイナフレーズが音楽トラベルに一役買っている。

 

5. FEATURES「so innocent」1pt

---かつてHigh Touch Girlsを手がけて居た、運営:藤澤陽と作曲:川上ヒロムが再びタッグ。楽曲ごとにフィーチャリングボーカリストを変えていくのでFEATURESとのこと。女優の私小説をそのまま歌にしたような、胸をチクチク刺されるような感覚に誘われる。

 

次点 C'mon C'mon「今から渋谷で遊ばない? 」

---飽きたかもと思った頃に突然現れた女性ラップグループ。似たフロウに陥りがちなラップ音楽にうまくシティ感を取り入れてある。

 

【ALBUM部門  (3枚同じptにつき序列なし)】

1.nuance「ongen

プロデューサー藤崎氏がかつてスタッフとして関わった音楽グループMiyumiyu。そこから幾つかを選びだしてリメイク+新曲で構成。80年代に幾多生まれたテクノポップを思わせるリアレンジが施された「sanzan」は佐藤嘉風の仕事によるもので、原曲のギターリフをシンセのミニマルに置き換えてある。にも関わらずライブではバンド編成でCDとも異なるアレンジで披露すると云う。元来バンドで演奏されていたMiyumiyu版とも、テクノポップ風味のnuanceCD版とも違った色合いのライブ版が、(本大賞のノミネート外ではあるが)実は密かに最も気に入っているバージョンであることをこの機会に声を大きくしたい。そして最大の聴きどころは、感情の昂りがそのまま爆発したわかちゃんのボーカルであることも付け加えておく。

 

2.GEOアイドル部「Working Girl」

解散アルバム。既発シングル6曲+追加2曲。大半は2017年制作であり、2018年のこの時期に取り上げるのは憚れる部分あれど、やはりGEOが遺した楽曲に改めて触れておきたい。ごくごく普通のありふれたポップスだが、故にメロの重要性が問われるところで、「ヨハアケル」「HelloHello」は絶対に忘れてはならない普遍的名曲と断言したい。

 

3.Fullfull☆Pocket「Pop Classic」

多田慎也が書く曲はいいのだが、どうも自社内でアレンジまで手がけると凡庸なパッケージになる。そんな印象が拭えない一派なのだが、何が起きたか島田尚のアレンジが才気爆発。ギターリフにすこぶる痺れる。

 

【推しグループ部門】

STU

 

 

2018映画ベストメモ

1.カランコエの花(2016/自主制作) D:中川駿
2.恋の豚(2018/OP映画)D:城定秀夫
3.愛しのアイリーン (スターサンズ) D:吉田恵輔
4.犬猿 (東京テアトル) D:吉田恵輔
5.愛の病 (ステアウェイ/AMG) D:吉田浩太
6.(該当なし)
7.(該当なし)
8.(該当なし)
9.ミク、僕だけの妹 (2018/Lenny) D:城定秀夫
10.デコトラガール 天使な誘惑(2018/OP映画) D:柿原利幸

【圏外新作】
ミスミソウ(T・JOY/2018)D:内藤瑛亮
アウト&アウト(東映/ショウゲート) D:きうちかずひろ
わたしはわたし〜OL葉子の深夜残業〜(Lenny) D:城定秀夫
妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(OLM) D:日野晃博
赤色彗星倶楽部(早稲田大学映画研究会) D:武井佑吏
斬、(怪獣シアター) D:塚本晋也
新宿パンチ(AMG+レオーネ/2018)D:城定秀夫
止められるか、俺たちを(若松プロダクション/2018) D:白石和彌
BNK48: Girls Don't Cry (タイ/2018) D:ナワポン・タムロンラタナリット
あみこ(自主制作) D:山中瑶子
私の奴隷になりなさい〜第2章〜ご主人様と呼ばせてください(2018/角川) D:城定秀夫
私の奴隷になりなさい〜第3章〜お前次第(2018/角川) D:城定秀夫
カメラを止めるな!(ENBU) D:上田慎一郎
ゾンからのメッセージ(映画美学校) D:鈴木卓爾
高崎グラフィティ。(オフィスクレッシェンド) D:川島直人
孤狼の血(東映) D:白石和彌
雨の首ふり坂(日本映画専門チャンネル) D:河毛俊作
劇場版シネマ狂想曲(名古屋テレビ) D:樋口智彦
一陽来復(平成プロジェクト) D:ユンミア
フェチづくし 痴情の虜(OP映画) D:高原秀和
納豆(シャイカー) D:吉田浩太
サニー/32(日活) D:白石和彌
STU48ドキュメンタリー「瀬戸内からはじめまして、」(WOWOW+イマジカ+博報堂) D:不明
覗かれる人妻 シュレーディンガーの女 (Lenny) D:城定秀夫
雨が降るまで (AKS/Universal) D:城定秀夫

【過去作】
天使のはらわた 赤い淫画(1981/日活) D:池田敏春
地獄のローパー 緊縛・SM・18才(1986年/国映) D:片岡修二
OLハンター 女泣かせの指(1986/ローリング21) D:北沢幸雄 W:田辺満 音楽:三柴江戸蔵
カテキョのセンセ(2016/スターボード) D:能登秀美
熟女ヴァージン 揉まれて港町(2017/OP映画) D:竹洞哲也
ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女(2017/OP映画) D:国沢実
昼下りの女 挑発!!(1979/日活) D:斉藤信幸
犯す!(1976/日活) D:長谷部安春
隣人のゆくえ(2017/自主制作) D:柴口勲
スピリタス(2015/ENBU) D:吉田浩太
象のなみだ(2005/ゼアリズエンタープライズ) D:吉田浩太
きたなくてめんどうくさいあなたに(2012/SPOTTED production.) D:吉田浩太
山宿(2012/ENBU) D:吉田浩太
ロングサマースクール(2012/ENBU) D:村松正浩
デコトラ★ギャル奈美〜感動!夜露死苦編〜(2012/レオーネ) D:城定秀夫

楽曲大賞2018メモ

  • メジャー
    • STU48「暗闇」
    • STU48「ペダルと車輪と来た道と」
    • PRODUCE48「PICK ME」
    • AKB48「サンダルじゃできない恋」(Atelier ladybird=吉村彰一+川崎泰弘)
    • AKB48「センチメンタルトレイン」
  • インディーズ
    • IM ZIp「IM ZIp ism 2018」
    • FUllfull☆Pocket「ロミジュリ」
    • Yes Happy!「ダンスリメンバ」
    • C'mon C'mon「今から渋谷で遊ばない?」
    • LAUGH ALOT 「水のふるさと」
    • jubilee jubilee「さくらcelebrate」
    • さよならさんかく「Dear Mr. Socrates」
    • われらがプワプワプーワプワ「I DON'T "PU" WANNA GO BACK」
    • リリリップス「LIPS EYES LIES」→ALへ移動
    • 川上きらら「Mint Road」
    • 九州女子翼「fair wind」
    • あヴぁんだんど「After School」
    • ほくりくアイドル部「マイメロ!」
    • VIVAJO8「VIVA JOY」
  • アルバム
    • リリリップス「目は口ほどにものを言う」
    • うさぎのみみっく!!「ソロ曲集」
    • 963「963」
    • 脇田もなり「Ahead!」
    • nuance「ongen
    • 校庭カメラガールドライ「NEW Way of Lovin'」

楽曲大賞2017 投票

http://www.esrp2.jp/ima/2017/comment/vote/p6PNI42bYWYzsep2aa9U47sIcUJvbx6.html

  • メジャーシングル
    • NGT48「青春時計 (フランスパン Remix by happy machine)」
      • 何かものすごく良さそうな気はするのだが、決定的に何かが足りない。そんなオリジナル版発表時(加えてtofubeats remix発表時)の歯痒さを全て解消したかのようなremixが登場。大河原昇の書くメロが、ようやく恵まれた家庭に婿入りした気分。
    • 欅坂46「W-KEYAKIZAKAの詩」
      • 佐々木裕の才気が爆発した1編。チューブラベルやバグパイプから始まるアレンジメントがメンバーの軌跡とリンクするかのよう。メロも然る事ながら、この曲が最高潮を迎えるのは、間奏をステップにしてキーが上がってゆく後半部で、佐々木裕が与えたこの間奏パートが無ければ一体どうなっていたか.....とても坂を登って行けそうにない平坦な楽曲として結ばれて居たように思える。しかし作曲が前迫潤哉と聞いて驚いた。彼はもうちょっとR&B的なデモを提出していたのでは無いだろうか。
    • 吉木悠佳「my way」
      • Party Party Rockets GTメンバー吉木悠佳によるソロアルバム「YOSHIKI NOW」からの1曲。女優が突如名作アルバムをモノにすることがあるが、それに近い感覚の作品で、ボサやネオアコ、軽めのハウス、メロウなシティポップとオーガニックに包まれている。ダブルトラック処理のボーカルが多くその点は少々物足りないが、当該曲は珍しく後処理度の低い録音で、ノンビブラートの素朴な歌声が心地よい。詞/曲/編ともNOBB-D。
    • AKB48 [U-17選抜]「法定速度と優越感」
      • 横健介が編曲含めて手がけたパーティーファンク。とかくパンチを求めるこの時代に太いベースから始まるイントロは48とは思えぬ渋めな入り口で、一体なにごとか?と一瞬面食らったが、実態は優秀なノベルティソングであった。恋愛ゲームをレースに喩えた言葉遊び的な内容で、秋元康は文学的歌詞よりこういった構成作家的歌詞作りに力を発揮するタイプに思える。ただ、2番で早くも失速し、譜割りの悪い部分が目立ちすぎるのは幾ら何でも粘りが足りないのではないか。
    • 欅坂46(けやき坂46)「NO WAR in the future」
      • ドメスティックなアコギとシンプルなダンストラックで作り上げた、ネオスパゲッティ。作曲/編曲は(意外にも)レイモンズのツキダタダシ
  • インディーズ/地方シングル
    • 1位 (2.5pt) nuance「カレーフレーバー」
      • MiyuMiyuの森尻有希子による下北沢フォーク。コーラスワークと珠理の落ちサビが琴線を素手で掴んでくる。(2.5pt)
    • 1位 (2.5pt) うさぎのみみっく!!「透明バルーン」
      • ニコニコ動画に楽曲をUPしていたInagiによるピアノロック。楽曲自体は以前からあったが、2017年にCDR化された。カラフルなアレンジメントとメンバー4人のコーラスワークの往来が、味わいをより多層化している。(2.5pt)
    • 4位 (1.5pt) AH (嗚呼)「大阪新都市感情線」
      • 大阪モチーフの楽曲で、浪花節でもなくスカやブルースなど土臭くもない、アーバンシティーとしての大阪を捉えた曲は珍しいのではないか。更に大阪弁すら使わず、標準語で通してあるのにも潔さを感じる。
    • 5位 (1.0pt )ピンクベイビーズ「マンデー・モナリザ・クラブ」
      • ピンクレディー全米進出後の楽曲。海外録音/プロデュースによるディスコクラシックだったものを、現代風にアップデートしてピンクベイビーズにあてがわれた。Liveで先行して歌われ、CD化の際に楽器編成が少々変わってしまったのは実に残念。(具体的にはオブリで入るシーケンスフレーズがブラスに差し替わった)
  • アルバム部門 (すべて2.0ptで投票)
    • nuance「gachi! choco」全曲方向性の異なる楽曲で作り上げた1st。ハネた弦ポップス、ナイーヴなシティーラップ、パンク、下北フォークと見せる顔がバラバラで、一体このグループの顔はどれ?と訝しがる御仁も居ようが、そのどれもが顔と胸を張って言えるようになるとは、リリース当時誰も想像して居なかったのではないだろうか。椅子を持ち込んだ演劇的要素のLove chocoate?が白眉と敢えて記しておく。
    • UNDERHAIRZ「予約特典音源2」下品なライムベリー。違法スレスレのサンプリングを駆使した下ネタラップだが、ガキの悪ふざけもここまでやれば許されよう。マッシュアップセンスも秀逸。
    • 井上ほの花「ファーストフライト」ショック太郎率いる無果汁団フルプロデュースによるアルバム。井上喜久子を母に持つ若手声優ゆえ、これをアイドル楽曲とする枠組みに少々疑問符もあるが、傑作を見て見ぬふりする訳にはいかない。80年代のシンセサイザー歌謡を現代に蘇らせた小さな逸品。Mix:森達彦、Mastering:佐藤清喜。
  • 推し箱 → nuance
    • 横浜を中心に手広くクリエイティヴ案件を手がけきたミニマリングスタジオが、商店街活性化事業「ガチシリーズ」のテーマソングを歌うアイドル、として送り出した新星。培ってきたパイプを駆使し、新規立ち上げロコドルと思えぬサウンドプロダクトで一躍名を挙げる。

楽曲大賞2017メモ

  • メジャー
    • NGT48「青春時計(フランスパン Remix by happy machine)」
    • 欅坂46「W-KEYAKIZAKAの詩」
    • 吉木悠佳「my way」
    • AKB48「法定速度と優越感」
    • けやき坂46「NO WAR in the future」
  • メジャー(次点)
    • 欅坂46「overture」*ノミネートなし。本当はコレに入れたかった。
    • 乃木坂46「三番目の風」丸谷マナブにはこれまで特筆すべき活動が見当たらず、注目に値しない作家というレッテルを貼って来たが、ピチカートのハードなシンセリフが新風を感じさせる当該曲で、その考えを改めなくてはならないようだ。
    • 乃木坂46「まあいいか?」秋元真夏の脱力ラップが素晴らしい。
  • インディーズ/地方
    • うさぎのみみっく「透明バルーン」
    • nuance「カレーフレーバー」
    • 転校少女歌撃団「ときめけ☆アフタースクール!」
    • Pink Babies「マンデー・モナリザ・クラブ」
    • AH(嗚呼)「大阪新都市感情線」
  • インディーズ/地方(次点)
    • JUMPIN"「美味ッ!!」
    • LAUGH ALOT「Timing」*未CD化
    • O'CHAWANZ「オツカレサマ」
    • コバルトブルーは白昼夢「ロールプレイング」
    • ハコイリムスメ「真夏の恋のファンファーレ」
    • 春野さ子「愛くるしくて迷走中!」
    • 里咲りさ「オリーブ」
    • ROSARIO+CROSS「HELLO!未来」
    • 全力少女R「トキメキのHappy Beat」
    • リリリップス「秘密のファンキータウン」
  • アルバム
    • nuance「ita gachi masu」→シングル扱い
    • UNDERHAIRZ「予約特典音源2」(クンフー/UNDER THE SUN)
    • 井上ほの花「ファーストフライト」